熊本県産業技術振興協会 -トップページへ-

熊本県産業技術振興協会 -規約を参照する-
熊本県産業技術振興協会 -加入のご案内-

ものづくり専門部会

令和2年度事業計画

1. 総 会

開催日 事業名 内容
総会
(書面決裁)
議 事
(1)令和元年度事業報告
(2)令和元年度収支報告について
(3)令和2年度役員改選(案)について
(4)令和2年度事業計画(案)について
(5)令和2年度収支予算(案)について
その他、(技術交流企画室及びものづくり室の紹介)

2. 講演会等行事

開催日 事業名 内容
R2.7月

R3.3月
【機械金属】
技術普及講習会
三次元CAD、CAM及びCAEに関する講習会を開催予定
日時:未定
講師:調整中
開催場所:産業技術センター
R2.7月

R3.3月
【機械金属】
技術普及講習会
機械加工及び機械計測に関する講習会を開催予定
日時:未定
講師:調整中
開催場所:産業技術センター
R2.7月

R3.3月
【機械金属】
技術普及講習会
金属材料の分析等に関する講習会を開催予定
日時:未定
講師:調整中
開催場所:産業技術センター
R2.7月

R3.3月
【電子情報】
技術普及講習会
IoT・AI等に関する講習会を開催予定
日時:未定
講師:調整中
開催場所:未定
R2.7月

R3.3月
【電子情報】
技術普及講習会
EMC・ロボット技術等に関する講習会を開催予定
日時:未定
講師:調整中
開催場所:未定
R2.7月

R3.3月
【デザイン開発】
技術普及講習会
デザイン思考・デザイン開発等に関する講習会を開催予定
日時:未定
講師:調整中
開催場所:未定
R3.3月 【視察】
先進地見学
(ものづくり工業会との共催)
※詳細は未定

令和元年度ものづくり専門部会関連の導入設備について

No. 設備名・型式・メーカ名 仕様 用途
1 設備名:多機能CAEシステム
型 式:ANSYS Mechanical CFD
メーカ:サイバネットシステム(株)
<JKAで購入>
・解析機能
線形、非線形、接触、モーダル、時刻歴応答、落下・衝突、座屈、疲労、伝熱、熱流体、電磁場、音響
・連成解析機能
流体−構造、伝熱−構造、伝熱−熱流体、音響−構造、磁場−流体、磁場−構造、磁場−伝熱、静電場−構造、定常電流−磁場
コンピュータによる設計支援システム。製品にまつわる様々な物理現象を数値シミュレーションによりコンピュータ上で再現し、製品が要求性能を満たすかどうかを試作なしで評価することができる。

多機能CAEシステム

No.1 多機能CAEシステム

令和2年度 ものづくり専門部会 関連の研究課題等について

研究テーマ 概要 担当者
「創造的復興に向けた県内製造業の基盤技術の高度化に関する研究」
(県単:特別支援事業)
期間:R1〜R3
県内に集積している半導体・自動車関連の中小企業を対象に、デジタル技術を活用した機械加工工程の高効率化や検査工程の信頼性向上により、県内製造業の基盤技術の高度化を実現するため、以下の3つの研究開発を行う。
@切削加工における加工効率の向上に関する研究
Aサーボプレスを活用したプレス加工の高付加価値生産に関する研究
B電磁環境推定モデルを使用したノイズ計測の信頼性向上に関する研究
川村、濱嶋、
村井、前田
「ICT技術を活用した生産性の見える化に関する開発」
(県単:特別支援)
期間:R2〜R3
県内中小企業を取り囲む社会環境の急激な変化、人材不足の課題にも対応しながら、生産性向上を図ることを目標として、新規事業創出におけるクリエイティブ作業に絞り込んでICT技術を投入することによるクリエイティビティの生産性を向上させるツールの開発と、同じくICT技術を活用することで人材確保にも生産性にも関係性の高いES(従業員満足度)が変化する構造の見える化を実施する。
@ICT技術を用いた生産性のデザインに関する研究開発AICT技術を用いた従業員満足度の見える化に関する研究
佐藤、石橋、黒田、渡辺、松尾
「デジタル形状データを活用した設計効率化に関する研究」
(九州連携CAE研究会)
期間:R1〜R3
三次元データの活用方法に関する提案と情報交換及び各機関における三次元データ活用に関する技術支援強化等
(共同研究機関:山口県産業技術センター、福岡県工業技術センター、佐賀県工業技術センター、長崎県工業技術センター、大分県産業科学技術センター、鹿児島県工業技術センター、沖縄県工業技術センター)
濱嶋、森山、
土村
「開発現場における電磁ノイズ評価のための簡易的EMI測定システムの開発」
(九州地方知事会EMC研究会)
期間:R1〜R2
 比較的汎用的な計測機器であるオシロスコープを用いて、開発現場で簡易的にEMI測定(主に伝導EMI測定)を行うことのできる手法の検討および測定システムの開発に関する研究に取り組む。
(共同研究機関:山口県産業技術センター、福岡県工業技術センター、大分県産業科学技術センター、宮崎県工業技術センター、鹿児島県工業技術センター)
山口、前田
「デジタル実装における中核技術者育成事業」
(地方創生推進交付金、県単)
期間:R2〜R5
※9月補正予算成立の場合
デジタル実装技術の導入・運用を担う中核技術者(中堅社員、現場リーダー、工場長など)の人材育成を目的に、産学官連携による技術普及講習会等を実施する。 道野、森山、川村、佐藤、濱嶋、黒田、石橋、山口、
前田、渡辺、
大城(材料・地域資源室)、
田中(食品加工室)

※内容等、詳細については担当者に照会ください。