熊本県産業技術振興協会 -トップページへ-

熊本県産業技術振興協会 -規約を参照する-
熊本県産業技術振興協会 -加入のご案内-

ものづくり専門部会

平成29年度事業計画

1. 総 会

開催年月日 事業名 内容
H29.6.2 総会 平成28年度事業報告・収支報告
平成29年度事業計画・予算・他
技術交流企画室・ものづくり室の紹介
開催場所:産業技術センター

2. 行 事

開催年月日 事業名 内容
H29.7月〜H30.2月 【機械金属】
技術普及講習会
三次元CAD、CAM及びCAEに関する講習会を3回開催予定
日  時:未定
講  師:調整中
開催場所:産業技術センター
H30.2月 【機械金属】
技術普及講習会
機械加工・計測に関する講習会を開催予定
日  時:未定
講  師:調整中
開催場所:産業技術センター
H29.7月〜H29.12月 【電子情報】
技術普及講習会
電子回路シミュレータ及びプリント基板CADに関する講習会を開催予定
日  時:未定
講  師:センター職員
開催場所:産業技術センター
H29.6月〜H30.3月 【電子情報】
技術普及講習会
IoTやAI技術に関する講習会を数回開催予定
日  時:未定
講  師:調整中
開催場所:未定
H29.9月〜H30.3月 【デザイン】
技術普及講習会
デザイン開発に関する講習会を開催予定
日  時:未定
講  師:調整中
開催場所:未定
H29.11月 【視察】
先進地見学
(ものづくり工業会との共催)
※詳細は未定

平成28年度ものづくり専門部会関連の導入設備について

No. 設備名・型式・メーカ名 仕様 用途
設備名:真空脱脂焼結炉
型 式:PVSG gr20/20
メーカ:(株)島津メクテム

<JKAで購入>
・炉内有効寸法
  200mm×200mm×200mm
・最高温度 2200 ℃
・処理量 10kg(グロス)
・到達圧力 7×10-3 Pa
・最高圧力 0.9 MPa
金属やセラミックの粉末などの焼結部品を製作するための脱脂から焼結を行う熱処理装置で、急速冷却の機能も有しています。焼結部品の生産性・品質向上のための熱処理条件の最適化および高精度・複雑形状など新規製品の試作に用います。

真空脱脂焼結炉

平成29年度ものづくり専門部会関連の研究課題について

研究テーマ 概要 担当者
「次世代産業に適応する機械要素技術の高度化に関する研究」
(県単事業)
期 間:H28〜H29
 食材に高付加価値を付与する次世代型の食品加工装置の開発を行う。
①食品加工の高付加価値化を図るために、原料となる一次産品の工業的な計測・分析によるデータ収集を行う。
②上記のデータを基に、機械要素技術の高度化によって実現できるユニークな新規プロセスを提案する。
③開発したプロセスを実用的なレベルに最適化するとともに、その制御系をブラックボックス化する技術を構築する。
甲斐 彰
村井 満
山口 良一
「情報技術・デザイン開発技術を活用した創造的復興支援に向けた研究」
(県単事業)
期 間:H29〜H31
 県内中小企業の創造的復興実現を支援するため、デザイン思考によるニッチ市場の創出、ユーザー視点での技術解釈による自社技術の再構築、市場への訴求効果を高めるための情報展開力の強化をテーマに、以下の3つの研究開発を行う。
①デザイン思考によるニッチ市場創出のための研究開発
テキストマイニングやデザイン思考導入により、自社技術の魅力を再解釈し、価値創造型の研究開発について検討する。
②ゲームニクス活用による競争力強化に向けた研究開発
ゲームニクス活用等により、人に優しいをキーワードとすることで競争力を強化する研究開発について検討する。
③製造業におけるIoT利活用に関する研究開発
オープンソースハードウェアや統計的分析技術を製造現場等に導入することで、省力化や品質向上等を実現する研究開発について検討する。
佐藤 達哉
石橋 伸介
黒田 修平
松尾 英信
渡辺 秀典
永岡 昭二
森山 芳生
「地域ニーズを踏まえた最新・高精度の3Dものづくりシステム基盤強化事業」
(平成28年度地域未来投資の活性化のための基盤強化事業)
期 間:H29
 最新で高精度の3Dプリンタと3Dスキャナを導入することで、産業技術センターの設備強化による企業支援の充実を図るとともに、その設備を活用したIoTおよび3Dものづくりに関する人材育成を実施する。 道野 隆二
濱嶋 英樹
黒田 修平
村井 満
「生産工程における三次元データの効果的活用法に関する研究」
(九州連携CAE研究会)
期 間:H28〜30
 CAE及びCAD/CAM活用に関する技術シーズのデータベース及び蓄積したノウハウなどの構築と活用
(共同研究機関:山口県産業技術センター、福岡県工業技術センター、佐賀県工業技術センター、長崎県工業技術センター、大分県産業科学技術センター、鹿児島県工業技術センター、沖縄県工業技術センター)
森山 芳生
濱嶋 英樹
村井 満
土村 将範
「難削性金属材料の加工技術の高度化に関する研究開発」
(九州知事会共同研究)
期 間:H28〜30
 製品の高付加価値化を目指し、難削性金属材料の切削加工法における切削抵抗・工具摩耗・加工面粗さ・形状精度等の比較検討を行い、平滑な切削加工面の創成、圧縮残留応力の付与など企業ニーズに対応した材料ごとの最適な加工条件を確立する。また、県内の機械加工企業に技術移転や技術指導を行うことにより加工技術の高度化を図る。
(共同研究機関:長崎県工業技術センター、大分県産業科学技術センター、鹿児島県工業技術センター)
川村 浩二
村井 満
「準共鳴型電子サイクロトロン共鳴技術に基づく小型・高密度プラズマ源の開発と、これをコア技術とする3DIC作製を目的とした高速ミニマルエッチング装置の開発」
(経済産業省戦略的基盤技術高度化支援事業)
期 間:H27〜H29
3次元集積回路(3DIC)とは、異なる機能を持つ半導体層を積み重ね、垂直に配線して1つの部品としたもので、大量の機能を小さな面積に収める事が可能な技術でセンサや電力制御用半導体など大きな市場への展開が期待されている。このミニマル3DIC製造技術の開発が進む中、唯一、貫通穴形成用エッチングのプロセス開発だけが未開発の領域となっており、ミニマルプロセスでの3DIC工程を完結させる為に貫通穴形成用エッチング装置の開発を行う 松枝 寛
お灸文化に革命をもたらす『aQua』〜火を使わないお灸のデザイン開発〜
(経済産業省戦略的基盤技術高度化支援事業)
期 間:H27〜29
長年利用されてきたお灸であるが火を使うことで火傷などの危険性をはらんでいた為に認知度は高いものの高齢者などの閉鎖的な市場でのみ売買し使用されてきた。そこで、石灰と水による発熱現象を用いて火を使わないこと実現し、デザイン開発技術を活用することで、従来のお灸のイメージを根本から覆し、これまでにない価値を提案する斬新でファッショナブル、革新的なお灸の開発を行う。
(共同研究機関:(有)坂本石灰工業所、九州看護福祉大学)
佐藤 達哉
石橋 伸介